ボージョレ新酒、解禁=輸送高・円安で大幅値上がり

経済・ビジネス

フランス・ブルゴーニュ産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が17日午前0時に解禁された。航空輸送費の高騰や円安の影響で、価格が前年の2倍超になるなど、ボージョレにも値上げの波が押し寄せている。

サントリーは昨年8種15品目だった商品数を2種3品目に絞った。7月ごろに温暖な気候や晴天が続き、「自然な果実の甘みが広がり、軽快な酸味とまろやかなタンニンが感じられるワインになった」(広報)という。

解禁時刻に同社が東京都内で開催したイベントで新酒を楽しんだ30代の女性は「口の中で味がふわっと広がり、とてもおいしい」と笑顔で話した。

メルシャンは、輸送費抑制のため瓶より軽いペットボトル商品2品目を発売。今年から扱うハーフボトル(375ミリリットル)の受注が好調だ。

サントリーによると、ボージョレの輸入量は、2012年の74万ケース(1ケース12本)から21年には29万ケースまで縮小。ブーム後退や若者の酒離れで今年も10年連続で減少し、前年の半分程度に落ち込む見通しだ。

サントリーが開催したイベントで、17日午前0時に解禁された「ボージョレ・ヌーボー」を楽しむ参加者=東京都渋谷区サントリーが開催したイベントで、17日午前0時に解禁された「ボージョレ・ヌーボー」を楽しむ参加者=東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など フランス 日本