10月訪日客、49万人=前年比22倍、水際緩和で急増―円安効果も・政府

経済・ビジネス 旅と暮らし

日本政府観光局が16日発表した10月の訪日外国人数(推計値)は、前年同月比約22.5倍の49万8600人となった。同月11日に新型コロナウイルスの水際対策が大幅に緩和されたことを受け、9月(約20万人)から急増。4カ月連続で前月を上回った。円安で訪日による割安感が高まったことも追い風になったとみられる。

訪日数の回復基調は鮮明となってきた。和田浩一観光庁長官は16日開いた記者会見で「水際緩和と円安の効果が相まった」と指摘。国際線の増便支援や訪日プロモーションに反映させる考えを示した。

10月の1日当たりの訪日数は、水際対策が緩和された11日以降は約1万3000人となり、緩和前(約2000人)から大きく拡大した。ただ、コロナ禍前の2019年10月と比べると月間の訪日数はまだ2割程度の水準にとどまっており、なお本格回復に向けた途上にある。

国・地域別では、韓国が12万2900人で最も多く、米国(5万3200人)、香港(3万6200人)、台湾(3万5000人)、タイ(3万4100人)と続く。かつて主力だった中国(香港を除く)からの訪日客は2万1500人にとどまり、同国の「ゼロコロナ政策」の影響で19年同月比97.1%減と落ち込みが続いている。

水際対策の大幅緩和の初日、観光客でにぎわう浅草=10月11日、東京都台東区水際対策の大幅緩和の初日、観光客でにぎわう浅草=10月11日、東京都台東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 統計 観光政策 日本