最先端半導体の量産開始=米大手マイクロンが式典・広島県東広島市

経済・ビジネス

米半導体大手マイクロン・テクノロジーの子会社マイクロンメモリジャパン(広島県東広島市)は16日、同市の「広島工場」で最先端半導体メモリーの量産を本格的に開始した。開始を祝う式典には同社幹部のほか、湯崎英彦知事やエマニュエル駐日米大使らが出席した。

湯崎氏は席上「ここは世界最先端のメモリー工場だ。日米の戦略提携の代表で、広島から世界の生活や社会を変えていくことを期待している」と述べた。エマニュエル大使も「広島やマイクロン、日米にとっても将来の大きな礎になる」と祝意を示し、経済安全保障における日米連携の重要性を強調した。

鏡開きを行う広島県の湯崎英彦知事(左から2人目)やエマニュエル駐日米大使(同4人目)ら=16日、広島県東広島市内鏡開きを行う広島県の湯崎英彦知事(左から2人目)やエマニュエル駐日米大使(同4人目)ら=16日、広島県東広島市内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 生産 日本 中国 広島県 広島市 米国