月着陸機と通信確立できず=米新型ロケットで打ち上げ―JAXA

科学 社会

16日午後(日本時間)に米新型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」で打ち上げられ、日本の探査機として初の月着陸を目指す「OMOTENASHI(オモテナシ)」について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午前0時までに地上局との通信が確立できていないと発表した。JAXAは引き続き通信を試みる。

オモテナシは、11×24×37センチの超小型機。SLSには計10基の超小型探査機が相乗りしており、日本からはオモテナシのほか、JAXAや東大などが開発した「エクレウス」も搭載されている。エクレウスは正常動作を確認したという。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロゴマーク宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロゴマーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 社会 宇宙 日本