北朝鮮、日本海に弾道ミサイル発射=外相、日米韓首脳会談を非難

政治・外交

【ソウル時事】韓国軍によると、北朝鮮は17日午前10時48分(日本時間同)ごろ、東部の江原道元山付近から日本海に短距離弾道ミサイル1発を発射した。北朝鮮の弾道ミサイル発射は9日以来。防衛省によると、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されていない。

韓国軍は飛行距離約240キロ、高度約47キロ、速度は約マッハ4と探知。韓国軍は17日、米軍と合同でミサイル防衛訓練を行い、防衛態勢を確認したと明らかにした。日本政府は、発射が国連安全保障理事会決議に違反するとして抗議した。

北朝鮮の崔善姫外相は17日、ミサイル発射の直前に朝鮮中央通信を通じて談話を出し、13日の日米韓首脳会談や3カ国の安保協力強化を非難した。

崔外相は、米国が同盟国への「核の傘」提供を含む拡大抑止や朝鮮半島周辺での軍事活動を強化すれば「われわれの軍事的対応は、より猛烈になる」と主張した。最近の米韓両軍と自衛隊の合同訓練などを批判し「米国は必ず後悔することになるばくちをしていると気付くだろう」と警告した。

会談する日米韓首脳=13日、プノンペン(EPA時事)会談する日米韓首脳=13日、プノンペン(EPA時事)

北朝鮮の崔善姫外相=2019年3月、ハノイ(AFP時事)北朝鮮の崔善姫外相=2019年3月、ハノイ(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 韓国 北朝鮮