スクエニ元社員らインサイダー取引=新作ゲーム情報、容疑で逮捕―東京地検

社会

ゲームソフト大手「スクウェア・エニックス」の新作情報を基に関連株をインサイダー取引したとして、東京地検特捜部は17日、金融商品取引法違反容疑で同社元社員の佐崎泰介(38)、知人の会社員鈴木文章(40)両容疑者を逮捕した。

佐崎容疑者の逮捕容疑は、2019年11月下旬、スクウェア社とゲーム会社「Aiming(エイミング)」が共同で進めていたスマートフォン向けオンラインゲームの開発進展情報を知り、同年12月~20年2月にエイミング株計約7万2000株を計約2080万円で買い付け、鈴木容疑者にも伝えて同社株計約9万株を計約2640万円で購入させた疑い。

エイミングはスクウェア社の企画・制作の下、「ドラゴンクエストタクト」を開発し、20年7月にサービスを開始した。株価は両容疑者が購入を始めた19年12月に300円台で推移していたが、サービス開始の20年7月は一時1000円を超えた。

「東京ゲームショウ2022」に出展したスクウェア・エニックスのブース=9月15日、千葉市美浜区の幕張メッセ「東京ゲームショウ2022」に出展したスクウェア・エニックスのブース=9月15日、千葉市美浜区の幕張メッセ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本