東京都、感染警戒レベル引き上げ=専門家「第8波の入り口」―新型コロナ

政治・外交 暮らし 社会

東京都は17日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、4段階で表す感染状況の警戒レベルを上から2番目へ1段階引き上げた。このレベルになるのは10月6日以来。専門家は「第8波の入り口に差し掛かっているとも考えられる」と述べ、警戒を促した。

医療提供体制のレベルは、4段階のうち上から3番目を維持。ただ病床使用率が既に40%を超えているため、都は段階的に確保病床数を現在の5283床から7262床に引き上げる。

東京都が開いた新型コロナウイルスのモニタリング会議。小池百合子知事は右から2人目=17日午後、都庁(都提供)東京都が開いた新型コロナウイルスのモニタリング会議。小池百合子知事は右から2人目=17日午後、都庁(都提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都