政府、北朝鮮ミサイルを非難=EEZ落下、同志国と懸念共有

政治・外交

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを受け、政府は18日、北朝鮮を強く非難した。米全土が射程に入る大陸間弾道ミサイル(ICBM)級だとして、「国際社会への挑発をエスカレートする暴挙」(浜田靖一防衛相)と批判。米韓両国と連携を確認し、懸念の共有を広く呼び掛けた。

タイ・バンコクに滞在中の岸田文雄首相は発射後、6カ国の首脳らによる緊急会合に出席した。北朝鮮対応で頻繁に意思疎通する日米韓に加え、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドという同志国の首相が参加した場で、「最も強い言葉で非難する意志を示したい。国際社会が一致して対応したい」と訴えた。

北朝鮮によるミサイル発射を受け、緊急首脳級会合を開いた(左から)オーストラリアのアルバニージー首相、カナダのトルドー首相、岸田文雄首相、ハリス米副大統領、韓国の韓悳洙首相、ニュージーランドのアーダーン首相=18日午後、バンコク(代表撮影・時事)北朝鮮によるミサイル発射を受け、緊急首脳級会合を開いた(左から)オーストラリアのアルバニージー首相、カナダのトルドー首相、岸田文雄首相、ハリス米副大統領、韓国の韓悳洙首相、ニュージーランドのアーダーン首相=18日午後、バンコク(代表撮影・時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) オーストラリア カナダ 日本 韓国 ニュージーランド 北朝鮮 タイ 米国