岸田首相、参院でも閣僚辞任陳謝=「任命責任重く受け止め」

政治・外交

岸田文雄首相は22日の参院本会議で、葉梨康弘前法相と寺田稔前総務相の辞任について、「国会開会中に辞任する事態となったことは誠に遺憾であり、任命責任を重く受け止めている」と述べ、21日の衆院本会議に続き陳謝した。

首相は「政権運営の基本は信頼と共感だ」と強調。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済新法などを挙げ、「政策に遅滞が生じないよう、政府一丸となって国政運営に取り組むことで国民の信頼を取り戻し、職責を果たしていく」と語った。

内閣支持率の低迷に関しては、「政権に厳しい意見があることは真摯(しんし)に、謙虚に、丁寧に向き合っていかなければならない」と述べた。

参院本会議で寺田前総務相ら一連の閣僚辞任について説明する岸田文雄首相(壇上)=22日午後、国会内参院本会議で寺田前総務相ら一連の閣僚辞任について説明する岸田文雄首相(壇上)=22日午後、国会内

参院本会議で寺田稔前総務相らの辞任について説明後、一礼する岸田文雄首相=22日午後、国会内参院本会議で寺田稔前総務相らの辞任について説明後、一礼する岸田文雄首相=22日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本