サウナ振興へ「汗かく」=超党派議連

政治・外交

サウナが好きな超党派の衆参両院議員は22日、「サウナ振興議員連盟」(会長・自民党の武田良太元総務相)を立ち上げた。サウナの普及と発展に向け、与野党で「汗をかく」(武田氏)のが狙い。

議連には自民、立憲民主、日本維新の会、国民民主各党などの約50人が参加。今後はサウナの振興に向けた法整備の検討を進める。事務局長を務める立民の荒井優衆院議員は記者団に「サウナで『ととのう』ことも必要だが、これからは議連を中心に政界も整っていくと思う」と語った。

超党派サウナ振興議員連盟の総会であいさつする武田良太会長(中央)=22日、東京都千代田区超党派サウナ振興議員連盟の総会であいさつする武田良太会長(中央)=22日、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本