「ツイッターは日本中心」=理想の高利用率―マスク氏

経済・ビジネス

【シリコンバレー時事】米IT専門メディアのザ・バージは21日、実業家イーロン・マスク氏が、オーナーとなった米ツイッターの全体会議で、「ツイッターは米国中心に見えるかもしれないが、どちらかと言えば日本だ」と述べたと報じた。日本は利用率が高く、同社が全ての国で目指すべき「理想」と表現したという。

同メディアによると、マスク氏は「日本の人口は米国の3分の1だが、1日当たりの(ツイッター)利用者数はほぼ同じだ」と指摘。技術者チームを日本、インド、インドネシア、ブラジルに置く考えを示した。

米実業家イーロン・マスク氏(AFP時事)米実業家イーロン・マスク氏(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 米国