コウノトリが鳥インフル=国内初、特別天然記念物―香川

政治・外交 社会

国の特別天然記念物コウノトリが香川県丸亀市のため池で死んでいるのが見つかり、香川、徳島両県は23日までに、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)に感染していたことが確認されたと発表した。徳島県によると、コウノトリの鳥インフルへの感染確認は国内初という。

感染が判明したのは、徳島県鳴門市で昨年4月に生まれたコウノトリの雌「にじ」(1歳)。今月15日に死んでいるのが見つかり、国立環境研究所による遺伝子検査で22日に感染が確認された。

鳥インフルエンザへの感染が確認された、徳島県鳴門市生まれのコウノトリの雌「にじ」(NPO法人とくしまコウノトリ基金提供)鳥インフルエンザへの感染が確認された、徳島県鳴門市生まれのコウノトリの雌「にじ」(NPO法人とくしまコウノトリ基金提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境行政(生物多様性も、統計類も) 環境・生物・自然 社会 日本 四国 徳島県 香川県