岸田首相、救済新法「最大限踏み込む」=復興相更迭要求応ぜず

政治・外交

岸田文雄首相は25日の衆院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を受けた被害者救済新法に関し、「憲法をはじめ法体系の中で最大限、被害者救済のためどこまで踏み込むことができるか、しっかり追求して法律を仕上げたい」と意欲を示した。立憲民主党の長妻昭政調会長への答弁。

長妻氏は、マインドコントロール下での寄付を禁止するよう要求。河野太郎消費者担当相は「寄付者が自由な意思で寄付をする場合、禁止することはできない。新法では寄付勧誘時にやってはいけない行為をリストアップする」と述べ、慎重な姿勢を示した。

首相は、「政治とカネ」の疑惑が指摘される秋葉賢也復興相の更迭要求に対し、「説明責任を果たしていくことが重要だ」と述べ、拒否した。立民の大西健介氏への答弁。

衆院予算委員会で立憲民主党の泉健太代表の質問に答弁する岸田文雄首相=25日午後、国会内衆院予算委員会で立憲民主党の泉健太代表の質問に答弁する岸田文雄首相=25日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 法案 宗教 日本