平和条約議論は不可能=ロシア次官

国際・海外 政治・外交

ロシアのルデンコ外務次官は、ウクライナ侵攻後に頓挫している日本との平和条約締結交渉について「わが国に対して公然と非友好的な立場を取り、あえて直接の脅威を及ぼす国家との間で、こうした文書に署名するための議論など不可能であることは極めて明白だ」と表明した。3日に配信された国営タス通信のインタビューで語った。

ロシアのルデンコ外務次官=2022年3月7日、ベラルーシ・ブレスト(AFP時事)ロシアのルデンコ外務次官=2022年3月7日、ベラルーシ・ブレスト(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース