資産平均2535万円=1億円超は4人―昨夏当選参院議員

政治・外交

2022年7月の参院選で当選した議員125人の資産等報告書が4日、国会議員資産公開法に基づき公開された。時事通信の集計によると、平均は2535万円で、3年前の前回と比べ36.2%増加。多額の資産を持つ医師や弁護士、タレント出身議員らが平均を押し上げたとみられる。1億円超は4人だった。

資産総額トップは自民党の星北斗氏で2億9759万円。医師の星氏は福島県内に病院関連施設を多数所有している。2位は弁護士の同党・古庄玄知氏で2億5257万円。3位も同党の神谷政幸氏で1億8999万円。以下、元東京都知事で日本維新の会の猪瀬直樹氏、タレント出身で自民党の今井絵理子氏と生稲晃子氏が1億円前後で続いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース