インフル、東北・関東で顕著=全国流行、3年ぶり―厚労省

社会 暮らし

厚生労働省は4日、昨年12月25日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数の詳細を発表した。厚労省は昨年末、新型コロナウイルスの感染拡大以降3年ぶりに全国的な流行期に入ったと発表していたが、特に東北や関東で患者報告数が多いことが分かった。

厚労省は、全国約5000の定点医療機関からの患者報告数を集計している。昨年12月25日までの1週間の報告数は、年末公表の速報値と同じ6103人。1機関当たり1.24人となり、流行開始の目安となる「1人」を超えた。

都道府県別では、最多は富山(4.21人)で、沖縄(2.91人)、神奈川(2.79人)、岩手(2.56人)、東京(2.30人)が続いた。青森(2.27人)や大阪(2.21人)も2人を超え、東北や関東、沖縄などで多い傾向が出た。

厚生労働省、環境省が入る中央合同庁舎第5号館厚生労働省、環境省が入る中央合同庁舎第5号館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース