日系3社、軒並みマイナス=22年の米新車販売―半導体不足長期化で

経済・ビジネス

【ラスベガス時事】トヨタ自動車など日系大手3社が4日発表した2022年の米新車販売台数は、前年比でいずれもマイナスとなった。車載用半導体不足が長引き、生産が需要に追いつかない状況が続いたことに加え、原材料費の高騰も販売の逆風となった。

トヨタは前年比9.6%減の210万8458台。主力のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」は1.9%減だった。トヨタは21年に販売台数が米大手ゼネラル・モーターズ(GM)を上回り、海外メーカーとして初めて米市場で首位に立った。ただ、22年はGMが2.5%増の約227万台を売り上げ、首位に返り咲いた。

ホンダは32.9%減の98万3507台。半導体調達で苦戦する中、他社に比べマイナス幅が目立った。日産自動車は25.4%減の72万9350台だった。

(写真上から)トヨタ自動車、ホンダのロゴマーク、日産自動車の看板(いずれもEPA時事)(写真上から)トヨタ自動車、ホンダのロゴマーク、日産自動車の看板(いずれもEPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース