初競りマグロ、3604万円=大間産、昨年の2倍に―豊洲市場

経済・ビジネス 旅と暮らし

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新春恒例の初競りが行われた。クロマグロの競りでは、青森県大間産に昨年の2.1倍となる1匹3604万円が付いた。1匹3億円を超えた2019年の史上最高値には遠く及ばなかったが、3年ぶりの行動制限がない正月で競り場の活気も上向いた。

マグロの競りは、午前5時10分にスタート。毎年、高値が付く大間産の中でも、大きくて鮮度の良かった212キロ物が1番人気で、1キロ当たり17万円と昨年の2.1倍となった。

東京・豊洲市場の初競りで、最高額となる3604万円の値が付いた212キロの青森県大間産クロマグロ。左から2人目はやま幸の山口幸隆社長=5日午前、東京都江東区東京・豊洲市場の初競りで、最高額となる3604万円の値が付いた212キロの青森県大間産クロマグロ。左から2人目はやま幸の山口幸隆社長=5日午前、東京都江東区

初競りを前に生マグロの品定めをする市場関係者ら=5日早朝、東京都江東区の豊洲市場初競りを前に生マグロの品定めをする市場関係者ら=5日早朝、東京都江東区の豊洲市場

豊洲市場で行われた生マグロの初競り=5日早朝、東京都江東区豊洲市場で行われた生マグロの初競り=5日早朝、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース