食品値上げ、来月に「第2波」=冷凍品中心に4283品―帝国データ

経済・ビジネス

帝国データバンクが5日発表した昨年末時点の集計によると、主要食品105社が公表した今年の食品値上げは4月にかけて7390品目となった。前年同期と比べて6割増し。とりわけ2月は4283品目が予定されており、昨年10月(6699品目)に続く値上げラッシュの「第2波」が到来する見通しだ。

値上げ品目を分野別に見ると、冷凍食品や水産練り製品などの加工食品が5割。酒類中心の飲料とドレッシングを含む調味料がそれぞれ2割を占める。菓子では、価格を据え置いたまま内容量を減らす「実質値上げ」が目立つ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース