外交135周年で交流強化を=日・メキシコ外相会談

政治・外交

【サンパウロ時事】中南米4カ国と米国を歴訪中の林芳正外相は5日、最初の訪問国メキシコでエブラルド外相と会談し、今年の外交関係樹立135周年を機に2国間交流を一層発展させていくことで一致した。両国は1888年、日本にとって初の平等条約となる「日墨修好通商条約」締結を機に国交を結んでいる。

林氏は会談で「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)実現に向け、戦略的グローバルパートナーのメキシコと緊密に協力したい」と指摘。両国が参加する環太平洋連携協定(TPP)への加入希望国が相次いでいることを背景に、協定水準を維持するため協力することを確認した。

林芳正外相(写真左)とメキシコのエブラルド外相(EPA時事)林芳正外相(写真左)とメキシコのエブラルド外相(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース