航空大手、国際線は5倍超え=年末年始利用、JRは微増

社会 旅と暮らし

航空各社は6日、年末年始期間(昨年12月28日~今年1月5日)の利用状況をまとめた。国際線の利用客数は、全日本空輸が前年度比5.8倍の約14万人、日本航空も約5倍の約14万2400人となった。ただ、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年度比では両社とも約5割にとどまった。

国内線の利用客数は、全日本空輸が前年度比17%増の約115万8500人、日本航空が5%増の約93万8100人だった。19年度と比べるといずれも約8割の実績だった。

JR6社も6日、年末年始の利用状況を公表。新幹線を含む特急・急行列車の乗客は主要46区間で計約983万4000人に上り、前年度より10%増となった。コロナ流行前の18年度の乗客数と比べると84%だった。

年末年始を前に混雑する東京・羽田空港=2022年12月29日(AFP時事)年末年始を前に混雑する東京・羽田空港=2022年12月29日(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース