岸田首相、キーウ訪問「検討」=ウクライナ大統領が要請

政治・外交

岸田文雄首相は6日夜、ウクライナのゼレンスキー大統領と約30分間、電話会談を行った。ゼレンスキー氏は首相に対し、同国の首都キーウを訪れるよう要請。会談後、首相は記者団に「現時点では私の訪問は何ら決まっていないが、諸般の状況も踏まえ検討したい」と語った。

先進7カ国(G7)では、昨年4月に英国のジョンソン首相(当時)、5月にカナダのトルドー首相が個別に訪問。6月にはドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相(当時)が同時に現地入りした。

米国も昨年4月にブリンケン国務長官とオースティン国防長官がそろって訪問。バイデン大統領は12月にワシントンを訪れたゼレンスキー氏と会談しており、G7首脳の中で直接顔を合わせていないのは日本だけになっていた。

岸田文雄首相=5日、首相官邸岸田文雄首相=5日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース