日米、次世代原発で連携強化=エネルギー安保へ活用拡大―閣僚会談

経済・ビジネス 政治・外交

【ワシントン時事】西村康稔経済産業相は9日、米ワシントンでグランホルム米エネルギー長官と会談し、次世代型原発の建設・開発を含め原子力分野で協力を強化することで合意した。ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー安全保障が揺らぐ中、電力の安定供給と脱炭素化の両立に向け、原子力を活用する方向性を共有した。

日米は、従来の原子炉と比べて安全性が高いとされる「革新軽水炉」や、出力を従来型より抑えた「小型モジュール炉(SMR)」の開発・建設で協力を進めることで一致。次世代型原発のアジアなど海外への展開のほか、原発産業のサプライチェーン(供給網)強化も目指す。

グランホルム米エネルギー長官(左)との会談に臨む西村康稔経済産業相=9日、米ワシントン(経産省提供)グランホルム米エネルギー長官(左)との会談に臨む西村康稔経済産業相=9日、米ワシントン(経産省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース