財務省、短期国債入札を延期=日銀ネット不具合で

経済・ビジネス

財務省は10日、同日予定していた国庫短期証券(短期国債)の入札を延期すると発表した。金融機関の資金や国債取引を決済する「日銀金融ネットワークシステム(日銀ネット)」が一部利用できなかったため。同ネットの不具合は既に解消しており、日銀は原因の調査を進めている。

日銀によると、10日午前10時半ごろ、内部システムに障害が発生し、日銀ネットを利用する金融機関との間で電文の送受信ができなくなった。システム機器を再起動したところ午前11時15分ごろまでに復旧した。財務省の入札を除き、金融機関の資金や国債の取引に大きな影響はなかったという。

財務省は、延期した短期国債の入札を11日に行う予定だ。今回の入札での発行予定額は額面で6兆円程度、償還期限は4月10日。

財務省の看板=東京都千代田区財務省の看板=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース