ボンカレー、ギネス記録に認定=販売期間54年で世界最長―大塚食品

経済・ビジネス

大塚食品(大阪市)は10日、同社の「ボンカレー」の販売期間がレトルトカレーとして世界最長となり、ギネス記録に認定されたと発表した。2022年に販売期間54年を達成し、「最長寿のレトルトカレーブランド」の称号を得た。

ボンカレーは1968年に販売を開始し、累計販売数は30億食以上という。23年2月で販売55周年を迎える記念に、今月中旬からギネス記録認定マークをデザインした「ボンカレーゴールド」を販売する。

担当者は「感謝申し上げる。今後も皆さまの笑顔ある時間が増えるお手伝いができるようご提案を行っていく」としている。

1968年販売開始時の「ボンカレー」(大塚食品提供)1968年販売開始時の「ボンカレー」(大塚食品提供)

ギネス記録に認定された「ボンカレー」のパネルを持つ大塚食品の社員ら(同社提供)ギネス記録に認定された「ボンカレー」のパネルを持つ大塚食品の社員ら(同社提供)

ギネス記録認定マークをデザインした「ボンカレーゴールド」の限定パッケージ(大塚食品提供)ギネス記録認定マークをデザインした「ボンカレーゴールド」の限定パッケージ(大塚食品提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース