日英、安保協力を強化=中ロ念頭、「円滑化協定」署名

政治・外交

【ロンドン時事】岸田文雄首相は11日午後(日本時間同)、ロンドンで英国のスナク首相と会談した。両首脳は、自衛隊と英軍が相互の国を訪問する際の法的地位などを定めた円滑化協定(RAA)に署名。覇権主義的動きを強める中国やウクライナ侵攻を続けるロシアを念頭に、日英の安全保障面の協力を一層強化させることで一致した。

日本がRAAに署名するのは、準同盟国と位置付けられるオーストラリアに次いで2カ国目。岸田氏は記者団に「日英安保協力を新たな高みに引き上げるものだ。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた動きがさらに進展することを期待する」と意義を強調した。

両首脳は、イタリアを含む3カ国による次世代戦闘機の共同開発を歓迎するとともに、早期に外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開くことで合意。環太平洋連携協定(TPP)への英国加入交渉の早期妥結へ協議を加速させることも申し合わせた。

握手する岸田文雄首相(左)と英国のスナク首相=11日、ロンドン(EPA時事)握手する岸田文雄首相(左)と英国のスナク首相=11日、ロンドン(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース