ガーシー議員関係先を家宅捜索=常習的脅迫などの疑い―警視庁

社会

動画投稿サイトでNHK党のガーシー(東谷義和)参院議員(51)が複数の著名人らを中傷、脅迫した疑いなどがあるとして、警視庁が暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)や名誉毀損(きそん)容疑などで、ガーシー氏の関係先を家宅捜索したことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁はすでに著名人らからの告訴状を受理しガーシー氏に任意聴取も要請しており、押収物を分析するなどして活動実態の解明を進める。

捜査関係者によると、捜索は11日に行われ、ガーシー氏の動画投稿サイトの広告収益を管理する合同会社(東京都新宿区)の関係先を含む東京都や埼玉県内などの数カ所が対象となった。容疑を裏付けるため、関係者への聴取も進めている。

芸能界などの裏話を披露する「暴露系ユーチューバー」として知られるガーシー氏の投稿動画を巡っては、事業撤退を余儀なくされた企業もあったといい、同庁は威力業務妨害容疑などでも捜査している。

ガーシー参院議員(NHK党提供)ガーシー参院議員(NHK党提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース