防衛増税「説明を徹底」=韓国と緊密協議―岸田首相内外会見

政治・外交

【ワシントン時事】岸田文雄首相は14日午前(日本時間15日未明)、訪問先の米ワシントンで内外記者会見を行った。防衛費の大幅増に伴う増税に関し、「野党との活発な国会論戦を通じ、防衛力強化の内容、予算、財源について国民への説明を徹底したい」と強調。23日召集の通常国会で丁寧に理解を求めていく考えを示した。

首相は日韓関係について「(1965年の)国交正常化以来の友好関係の基盤に基づき、健全な形に戻し、さらに発展させるため、韓国政府と引き続き緊密に意思疎通を図っていきたい」と改めて表明。ただ、元徴用工問題を巡り、韓国の公益法人が日本企業の賠償金を肩代わりする案を韓国政府が公表したことについては論評を避けた。

欧米5カ国歴訪を終え、内外記者会見に臨む岸田文雄首相=14日、米ワシントン(AFP時事)欧米5カ国歴訪を終え、内外記者会見に臨む岸田文雄首相=14日、米ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース