日米首脳、同盟深化を確認=反撃能力で協力強化―バイデン氏、岸田首相を「全面支持」

政治・外交

【ワシントン時事】岸田文雄首相は13日(日本時間14日未明)、米ワシントンのホワイトハウスでバイデン大統領と会談し、対中国を念頭に日米同盟の深化を確認した。首相は昨年末に安全保障関連3文書を改定し、反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有や防衛費の増額を決めたことを説明。バイデン氏は「全面的な支持」を伝えた。両首脳は共同声明を発表し、反撃能力の開発と効果的運用に関する協力強化を明記した。

首相は会談で、反撃能力の保有が「日米同盟の抑止力・対処力を強めることにつながる」と強調した。バイデン氏は「同盟の現代化を図っている」と日本の取り組みを歓迎。その上で「米国は日本防衛に完全な責務がある」と明言した。

握手を交わす岸田文雄首相(左)とバイデン米大統領=13日、ワシントン(EPA時事)握手を交わす岸田文雄首相(左)とバイデン米大統領=13日、ワシントン(EPA時事)

バイデン米大統領(右)と並んで歩く岸田文雄首相=13日、ワシントン(AFP時事)バイデン米大統領(右)と並んで歩く岸田文雄首相=13日、ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース