鳥取不審死、上田死刑囚が死亡=食事中に意識失う―広島拘置所

社会

鳥取県で2009年に男性2人が変死した連続不審死事件で、強盗殺人罪などで死刑が確定し、広島拘置所に収容されていた元スナック従業員、上田美由紀死刑囚(49)が14日夕、食事中に意識を失って倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息だった。法務省が15日発表した。

刑事施設に収容されている確定死刑囚は105人となった。

同省によると、上田死刑囚は14日午後4時20分ごろ、食事中にむせて倒れ意識不明となった。職員らが口から食べ物を取り除くなどの処置を施したが、同6時55分ごろに死亡が確認された。同死刑囚は複数の持病を抱え投薬治療を受けており、10日にも食事中に意識を失い、病院に搬送されていた。

上田美由紀 死刑囚上田美由紀 死刑囚

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース