アルツハイマー薬、日本でも承認申請=エーザイの「レカネマブ」

経済・ビジネス

エーザイは16日、米医薬品大手バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」について、厚生労働省に製造販売の承認を申請したと発表した。米国、欧州に続き日本が3例目で、中国でも申請手続きを進めている。病気の進行そのものを遅らせる薬が承認されれば国内初となる。

審査期間短縮のため、エーザイは事前評価制度を活用している。「日本でも一日も早い承認を目指す」(PR部)としており、2023年中に承認を得たい考え。国内での販売は承認取得後に国により薬価が算定されてからになる。米国では迅速承認を取得しており、「レケンビ」の商品名で月内に発売する。

エーザイなどが開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」(同社提供)エーザイなどが開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」(同社提供)

エーザイと米バイオジェンが開発し、米国で「レケンビ」の名称で発売するアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」(エーザイ提供)エーザイと米バイオジェンが開発し、米国で「レケンビ」の名称で発売するアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」(エーザイ提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース