22年の中古車販売、6.3%減=過去最低の349万台

経済・ビジネス

日本自動車販売協会連合会が17日発表した2022年の中古車販売台数(軽自動車を除く)は、前年比6.3%減の349万5305台となった。3年連続の前年割れで、販売台数は統計を開始した1978年以降で過去最低だった。生産停滞による新車販売の落ち込みが、中古車の流通にも影響したとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース