護衛艦事故「運航面に問題」=浅瀬乗り上げと判断、海幕長謝罪

社会

山口県沖の瀬戸内海で海上自衛隊の護衛艦「いなづま」が航行不能となった事故で、海自トップの酒井良海上幕僚長は17日、定例記者会見で原因について「故障はなく艦の運航面にあった可能性が高い」と述べた。その上で「国民に心配をかけ、防衛力強化の取り組みに水を差した。深く反省している」と謝罪した。

酒井海幕長は「海上保安庁の調査なども踏まえ、浅瀬への乗り上げ事故と判断した」と述べた。「レーダーなどの機器は正常に動作し、天候や他の船舶の動きも事故原因には当たらないと思っている」とし、人為的ミスを視野に浅瀬の認識や航路設定などに問題がなかったか調べるとした。再発防止のため各部隊に基本事項の徹底や同種事故の事例研究を指示したという。

定例記者会見で、護衛艦「いなづま」の事故について謝罪する酒井良海上幕僚長=17日午後、防衛省定例記者会見で、護衛艦「いなづま」の事故について謝罪する酒井良海上幕僚長=17日午後、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース