国債費、26年度29.8兆円=想定金利1.6%―財務省試算

社会

財務省が2023年度予算案に基づいて推計した財政試算で、国債の利払いや償還に充てる国債費が26年度に29.8兆円に膨らむことが17日、分かった。23年度予算案に比べ4.5兆円程度増加し、財政状況は一段と悪化する。

試算では、足元の長期金利の上昇を考慮し、26年度の利払い費の見積もりに使う10年物国債の想定金利を1.6%とした。

この試算は「後年度影響試算」と呼ばれ、24~26年度の名目経済成長率を3.0%と高めに想定している。予算審議の参考資料として来週にも国会に提出する。

23年度予算案の想定金利は1.1%とした。試算では24年度を1.3%、25年度は1.5%、26年度には1.6%まで上昇すると仮定した。

予算編成で使われる想定金利は、年度途中の金利上昇に対応できるよう実勢金利よりも1%程度余裕を持たせて設定される。

財務省財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース