立・維党首、「共闘」継続合意=「安易な増税に反対」

政治・外交

立憲民主党の泉健太代表と日本維新の会の馬場伸幸代表は18日午前、国会内で会談した。23日召集の通常国会でも「共闘」することで正式に合意。防衛費増額に伴う政府の増税方針に対し、「安易な増税政策に反対する」ことなどを盛り込んだ文書に署名した。ただ、維新は自民党にも接近しており、共闘の先行きは不透明だ。

立民、維新両党は党首会談で、情報共有のための協議体設置に加え、防衛費増額の財源確保に向けた行財政改革の推進、2023年度予算案の検証といった分野ごとの対策チームを設けることを確認した。

会談に臨む立憲民主党の泉健太代表(右)と日本維新の会の馬場伸幸代表=18日午前、国会内会談に臨む立憲民主党の泉健太代表(右)と日本維新の会の馬場伸幸代表=18日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース