東電元会長ら、二審も無罪=巨大津波、予見性認めず―原発事故巡り強制起訴・東京高裁

社会

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長勝俣恒久被告(82)、原子力部門トップを務めた元副社長武黒一郎(76)と同武藤栄(72)両被告の控訴審判決が18日、東京高裁であった。細田啓介裁判長は「地震前に津波が襲来する現実的な可能性の認識があったとは認められない」と判断。いずれも無罪(求刑禁錮5年)とした一審東京地裁判決を支持し、検察官役指定弁護士の控訴を棄却した。

争点が共通した株主代表訴訟では昨年7月、東京地裁が勝俣被告ら3人を含む旧経営陣4人の過失と事故との因果関係を認めて13兆円余りの損害賠償を命じており、民事裁判と判断が分かれた。

指定弁護士は、勝俣被告らが2008~09年、津波地震を予測した政府機関の「長期評価」を根拠に試算した「最大15.7メートル」の津波が襲来するなどと報告を受けながら、対策を先送りし事故を招いたと主張した。

細田裁判長は冒頭、一審が「原発の運転停止措置を講じるべき津波の予見可能性は認められない」とした点について「不合理なところはなく、相当だ」と述べた。

勝俣恒久被告・東京電力元会長勝俣恒久被告・東京電力元会長

東京電力福島第1原発事故を巡って強制起訴され、控訴審判決のため東京高裁に入る東電元副社長の武黒一郎被告=18日午後、東京都千代田区東京電力福島第1原発事故を巡って強制起訴され、控訴審判決のため東京高裁に入る東電元副社長の武黒一郎被告=18日午後、東京都千代田区

東京電力福島第1原発事故を巡って強制起訴され、控訴審判決のため東京高裁に入る東電元副社長の武藤栄被告=18日午後、東京都千代田区東京電力福島第1原発事故を巡って強制起訴され、控訴審判決のため東京高裁に入る東電元副社長の武藤栄被告=18日午後、東京都千代田区

東京電力福島第1原発事故を巡る裁判の控訴審判決で、東京高裁に入る検察官役の指定弁護士=18日午後、東京都千代田区東京電力福島第1原発事故を巡る裁判の控訴審判決で、東京高裁に入る検察官役の指定弁護士=18日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース