「償還ルール」見直しに賛否=防衛財源、自民特命委が初会合

政治・外交

自民党は19日、防衛費増額に向け増税以外の財源確保策を検討する特命委員会(委員長・萩生田光一政調会長)の初会合を党本部で開いた。財源捻出のため、国の借金に当たる国債を借り換えながら60年で完済する「60年償還ルール」の見直しを巡り、出席者から賛否両論の意見が出た。

会合には約60人が出席。萩生田氏は冒頭、「防衛力強化が絵に描いた餅にならないよう、財源について責任ある議論を行っていきたい」と述べた。

自民党の萩生田光一政調会長自民党の萩生田光一政調会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース