現役共産党員、党首公選を要求=20年超の「志位体制」疑問視

政治・外交

共産党の現役党員である松竹伸幸氏は19日、東京都内で記者会見し、党員の直接投票でトップを選ぶ「党首公選制」の導入を求めた。志位和夫委員長の在任期間が20年超に上ることに触れ、「国民の常識からかけ離れていると言わざるを得ない」と疑問を呈した。

松竹氏は党本部での勤務経験がある。現役党員が公の場で執行部を批判するのは異例。こうした内容を盛り込んだ著書「シン・日本共産党宣言」を19日に出版した。

記者会見する共産党員の松竹伸幸氏=19日午後、東京都千代田区記者会見する共産党員の松竹伸幸氏=19日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース