コロナ「5類」今春引き下げ=首相指示、23日から議論本格化―インフル並み、屋内マスク緩和も

政治・外交 社会 暮らし

岸田文雄首相は20日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて、今春に現在の「2類相当」から季節性インフルエンザなどと同じ「5類」へ引き下げることを検討するよう、加藤勝信厚生労働相ら関係閣僚に指示した。屋内でのマスク着用の在り方や、ワクチン接種などの公費負担が大幅に見直される。3年に及ぶコロナ禍からの社会経済活動の正常化に向けて、大きな転換点を迎えた。

政府関係者によると、引き下げの時期は、自治体の準備期間などを踏まえ、5月の大型連休前後を想定している。

首相は20日、首相官邸で記者団に対し、「平時の日本を取り戻していくために、さまざまな政策、措置の対応について段階的に移行し、具体的な検討、調整を進める」と強調。マスクの着用についても見直す考えを明らかにした。

厚労省は審議会の感染症部会を23日に開き、移行に向けた本格的な議論を始める。同日の部会では、位置付け変更に伴う論点整理を行う。

新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて、記者団の質問に答える岸田文雄首相=20日、首相官邸新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて、記者団の質問に答える岸田文雄首相=20日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース