高速深夜割引、距離制に見直し=料金所の混雑緩和―斉藤国交相

社会

斉藤鉄夫国土交通相は20日の閣議後記者会見で、高速道路料金の午前0~4時の深夜時間帯に一律3割引きとする現行制度から、走行距離に応じて割り引く制度に見直すと発表した。午前0時を回った直後に料金所を通過する車を分散させ、混雑緩和につなげる。新制度は2024年度中をめどに導入する。

新制度では、割引対象時間を午後10~午前5時に拡大し、時間内に走行した距離に応じて最大3割引きとする。経過措置として、導入から5年程度は1000キロ以上走行する車両への割り引きを手厚くする一方、午後10時台に高速道路を出た場合は割引率を2割に縮小する。

渋滞する高速道路の料金所(資料写真)渋滞する高速道路の料金所(資料写真)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース