世界1位国枝が引退=「最高の車いすテニス人生」

スポーツ

車いすテニスの第一人者で、四大大会とパラリンピックを全て制する「生涯ゴールデンスラム」を男子で初めて達成した国枝慎吾(38)=ユニクロ=が22日、自身のツイッターで現役引退を発表した。世界ランキング1位のまま第一線を退く国枝は「もう十分やり切ったという感情が高まり、決意した。最高の車いすテニス人生でした」などとつづった。2月7日に記者会見を開く。

国際テニス連盟(ITF)によると、国枝の四大大会優勝はシングルス28度、ダブルス22度。パラリンピックでは2004年アテネ大会のダブルスを制し、シングルスは08年北京、12年ロンドン、21年東京の各大会で金メダルを獲得した。昨年のウィンブルドン選手権で初優勝し、「生涯ゴールデンスラム」の栄誉に輝いた。東京パラ以降、引退を常に考えるようになったという。

脊髄腫瘍の影響で9歳から車いす生活となった国枝は11歳から競技を始め、17歳でツアーデビュー。22歳だった06年に初めて世界1位に就くと、長くトップ選手として活躍した。

国枝慎吾選手国枝慎吾選手

楽天テニスの車いす部門シングルス決勝、プレーする国枝慎吾=2022年10月8日、東京・有明テニスの森公園楽天テニスの車いす部門シングルス決勝、プレーする国枝慎吾=2022年10月8日、東京・有明テニスの森公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース