物価高克服し、経済成長へ=鈴木財務相が財政演説

政治・外交

鈴木俊一財務相は23日、2023年度予算案の国会提出を受け、衆参両院の本会議で財政演説を行った。鈴木氏は「物価高を克服しつつ、日本経済を民需主導で持続可能な成長経路に乗せていく必要がある」と述べ、早期成立への協力を呼び掛けた。

防衛費増額や物価高対策に伴い、過去最大の114兆円台に膨らんだ23年度予算案に関しては、「重要課題に正面から向き合い、一定の道筋を付けた」と強調した。

財政状況を巡っては、新型コロナウイルス対応や度重なる補正予算編成によって、「過去に例を見ないほど厳しさを増している」と指摘。その上で「有事であっても日本の信用や国民生活が損なわれないようにするため、平素から財政余力を確保しておくことが不可欠だ」と訴えた。

衆院本会議で財政演説を行う鈴木俊一財務相=23日午後、国会内衆院本会議で財政演説を行う鈴木俊一財務相=23日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース