労使トップが論戦開始=春闘、賃上げへ攻防本格化―経団連フォーラム

経済・ビジネス

労使の代表が出席する「経団連労使フォーラム」が24日東京都内で開かれ、2023年春闘の本格的な論戦が始まった。歴史的な物価高が続く中、労使双方は賃上げの必要性で一致するものの、手法や引き上げ率などで立場に開きがある。岸田文雄首相が求める「物価上昇を超える賃上げ」が実現するかが最大の焦点だ。

経団連の十倉雅和会長は、「賃金と物価の好循環の実現に向けた、正念場かつ絶好の機会だ」と強調。「1社1社の賃金引き上げが、日本全体のモメンタム(勢い)の維持・強化になる」と呼び掛けた。一方、手法については「多様な選択肢の中から、自社に適した賃金引き上げ方法の検討をお願いしたい」と語った。

これに対し、連合の芳野友子会長は「好循環の起点とするためには、月例賃金の引き上げが効果的だ」と反論。非正規雇用労働者への波及も見据え、「連合は月例賃金にこだわる」と力説した。

経団連労使フォーラムであいさつする経団連の十倉雅和会長=24日午前、東京・大手町経団連労使フォーラムであいさつする経団連の十倉雅和会長=24日午前、東京・大手町

経団連労使フォーラムで講演する連合の芳野友子会長=24日午後、東京・大手町経団連労使フォーラムで講演する連合の芳野友子会長=24日午後、東京・大手町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース