東京・中野の強盗、男2人逮捕=狛江強殺との関連捜査―逃走用車両使用か・警視庁

社会

東京都中野区の住宅で昨年12月、男性が殴られ現金約3000万円が奪われた強盗傷害事件で、警視庁暴力団対策課は24日、強盗傷害容疑などで、強盗グループのメンバーとみられる職業不詳長谷川将司(26)=江東区北砂=、同山田雅也(22)=さいたま市北区東大成町=両容疑者を新たに逮捕した。長谷川容疑者は容疑を否認し、山田容疑者は黙秘しているという。

中野の事件では、既に逮捕された男から押収した携帯電話に、19日に狛江市で住民の大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件に絡む情報が残されており、同庁は二つの事件の関連を調べる。

逮捕容疑は先月5日午前10時50分ごろ、中野区の住宅に押し入り、40代の男性の顔を殴るなどして現金を奪った疑い。

グループは運転手を含め7人が現場にいたとみられ、警視庁はこれまでに現場に取り残された無職の男(34)ら2人を強盗傷害容疑などで逮捕。ほかに指示役もいるとみて調べる。

2人のうち、職業不詳永田陸人容疑者(21)は足立区内でレンタカーの近くにいるところを発見され、21日に逮捕された。このレンタカーは、狛江の事件で容疑者グループの逃走に使われたものと同一とみられる。

車から押収された携帯電話には、狛江の強盗殺人事件の前日にやりとりしたSNSに、「欠員が出たら連絡します」という文言や、「狛江市」の地名や時間など事件に絡むとみられる記述があった。永田容疑者はレンタカーを使ったことは認める一方、携帯電話を「自分のものではない」と供述しているという。

警視庁本部=東京都千代田区警視庁本部=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース