指定弁護士が上告=元会長ら二審も無罪で―東電強制起訴

社会

東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴され、控訴審の東京高裁でも無罪となった東電元会長の勝俣恒久被告(82)ら旧経営陣3人について、検察官役の指定弁護士が24日、判決を不服として最高裁に上告した。

他の2人は、原子力部門トップを務めた元副社長武黒一郎(76)、同武藤栄(72)両被告。

(右から)東電元会長の勝俣恒久被告、元副社長武黒一郎被告、同武藤栄被告=2019年9月(AFP時事)(右から)東電元会長の勝俣恒久被告、元副社長武黒一郎被告、同武藤栄被告=2019年9月(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース