そごう・西武売却、3月に延期=ヨドバシ出店で調整難航―セブン&アイ

経済・ビジネス

セブン&アイ・ホールディングスは24日、百貨店子会社そごう・西武(東京)の売却を、これまで予定していた2月1日から3月中に延期すると発表した。関係者によると、売却先の米投資ファンドと連携する家電量販大手ヨドバシカメラが西武池袋本店(同)に出店する計画を巡り、調整が難航しているためという。

この計画に対しては、西武池袋本店が立地する地元・豊島区の高野之夫区長が昨年、「文化のまちの土壌が喪失する」などと訴えた。セブン&アイは「必要な条件の充足に向けて交渉を継続している」と説明している。

セブン&アイ・ホールディングスのロゴマークセブン&アイ・ホールディングスのロゴマーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース