山梨で地雷除去機視察=ウクライナ政府職員

社会

ロシアの侵攻を受けるウクライナの政府職員が24日、山梨県北杜市の教育施設「いこいの杜 コミュニティパーク」を訪問し、敷地内に展示されている日本製の地雷除去機を視察した。クリキウスキー国際技術支援部長は取材に対し、「ウクライナでは地雷除去機が60台ほど必要。日本の協力に期待している」と話した。

視察したのは地雷や不発弾処理に当たるウクライナ非常事態庁の職員9人。地雷除去機の製造メーカーから海外での活用実績について説明を受けた後、実際に除去機の操作体験をしたり、地雷除去を模した動きを見学したりした。

日本製の地雷除去機を視察するウクライナ政府職員=24日午後、山梨県北杜市日本製の地雷除去機を視察するウクライナ政府職員=24日午後、山梨県北杜市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース