門田博光さん死去、74歳=「不惑」の本塁打王―プロ野球

スポーツ

プロ野球歴代3位の567本塁打を放ち、40歳で本塁打王になった門田博光(かどた・ひろみつ)さんが死去したことが24日、分かった。74歳だった。兵庫県警によると同日午前、兵庫県内の自宅を訪ねた警察官が、亡くなっている門田さんを見つけた。外傷はなく、病死とみられている。

山口県生まれで奈良県育ち。天理高からクラレ岡山を経てドラフト2位で1970年南海入り。2年目に打点王を獲得した。王貞治を参考にした一本足打法を習得。本塁打にこだわる強振を最後まで貫き通した。

79年の右アキレスけん断裂を乗り越え、81、83年に本塁打王。40歳の88年には44本塁打、125打点で2冠と最優秀選手(MVP)に輝き、「中年の星」と呼ばれた。

同年オフ、南海のダイエーへの身売り、福岡移転に伴ってオリックスへ移籍。91年にダイエーへ戻って翌年引退するまで通算2566安打、打率2割8分9厘、567本塁打、1678打点の成績を残した。本塁打王3回、打点王2回、ベストナイン7回。

引退後は野球解説者をしていたが、2005年ごろから糖尿病などで体調を崩していた。06年野球殿堂入り。

門田博光さん門田博光さん

契約更改で年俸1億円の大台に乗せたオリックスの門田=1988年12月、大阪市北区契約更改で年俸1億円の大台に乗せたオリックスの門田=1988年12月、大阪市北区

近鉄戦の3回、通算500号本塁打を放つオリックスの門田=1989年8月15日、大阪・藤井寺球場近鉄戦の3回、通算500号本塁打を放つオリックスの門田=1989年8月15日、大阪・藤井寺球場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース