【動画】強制不妊、国に賠償命令 旧優生保護法は違憲 「除斥」認めず 熊本地裁

映像 社会

旧優生保護法に基づいて不妊手術を強制されたとして、熊本県在住の70代の男女2人が、国に計6600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、熊本地裁であった。中辻雄一朗裁判長は旧法は違憲と判断し、国に計2200万円の支払いを命じた。【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース