【動画】26日まで大雪や暴風警戒 強い冬型で寒気流入 国交省「不要不急の外出控えて」

映像 社会 暮らし

日本列島は24日、北海道東部付近と関東の南東にある二つの低気圧がそれぞれ発達しながら北東へ進み、雨や雪が降る所が多くなった。26日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、今冬一番の寒気が上空に流れ込む見込み。気象庁は北海道から九州の日本海側を中心に大雪や猛吹雪、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。太平洋側の平地でも大雪になる所があるとみられる。【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース